住宅ローンフラット35の利用条件とは?

マイホームの資金調達として役立つ住宅ローン住宅ローンの申し込みは、銀行等で受け付けています。
申し込むときには、フラット35おすすめの銀行に様々な資料を提出します。
なんといっても、35年という長期間、多額の現金を貸し出すわけですからフラット35おすすめの銀行側もあなたの年収や勤続年数をしっかりと審査をします。
それにより、住宅ローン審査に確実に通る。
という風な単純なものではありません。
通らなかった・・という方もたくさんいらっしゃいます。
ありがちな基準は、勤続年数3年以上・年収は300万以上が、第一段階クリアの基準と言われています。
夢のマイホームを建てたいと考えたときにフラット35おすすめの銀行・信用金庫など金融機関で申し込み可能なマイホーム購入時の融資が役立ちます。
だけど、数ある中からどこを選べば良いのか?とても迷ってしまう。
という話もよく聞きます。
選び方を挙げるとすると、行きやすい金融機関でも良いですし不動産屋を通しても良いですし、ネットバンクなども受付可能です。
けれども、どのパターンでもフラット35の審査というのもが必ずあり必ず合格するといった物ではありませんので、注意してください。
住宅ローンを申し込む時気になるのが金利ですよね。
住宅ローンの金利は大きく分けて固定金利と変動金利の2種類があります。
どちらが良いかはその人が選ぶ事で、銀行の方から薦められるという事はありません。
基本的に金利が高いのは固定金利、低いのは変動金利です。
また、どちらのタイプを選ぶかによって審査が違ってくる。
といった事もなく、どちらも公平な審査の元で行われます。
どちらを選んでよいか迷ってしまう・・という時は、金利の推移が見れますので、それを参考にすると良いです。
住宅ローンを借りるときには頭金が必要になります。
頭金は一切かかりません!と言った様な広告もありますが、確かに頭金を支払わなくても購入は可能でしょう。
その代わり、金利が高くなります。
月々の返済を少しでも少なくしたいのであれば、やっぱり最初に頭金を用意しておくのがお勧めです。
頭金は物件購入金額の約20%だと言われてますが住宅には他にも様々な書費用がかかりますので目安は20%と言う事で、自分の支払える範囲でやっていくと良いでしょう。
新築でも中古でも家を購入する際には、ローンが必要となりますが中でもつなぎ融資という借入れ方法をご存知ですか。
簡単にいうと、ローンが始まるまでの期間で不足しているお金を間に合わせるために、利用する単発的なローンです。
通常、建築が終わってから住宅のためのローンが開始されるため工事をしている期間には、以上のようなローンを組む方もいます。
注意しておきたいのですが、利率が高いのと日割り計算なので少しでも早く、本命のローンを組む必要があります。
なので信頼できる金融機関を探す事を第一とし、後悔しない計画を立てられるように詰めていきましょう。

フラット35デメリットは? 【利用条件が厳しくなる?】