FX取引で生計が立てれるの?

FX投資を始めようというときに覚えておくべきなのがFXチャートの分析方法です。
FXチャートというのは、為替相場の動きをグラフとしてまとめたものです。
羅列された数字だけでは見づらいですが、グラフ化することで良く理解できるようになります。
FXチャートを用いない場合利益を出すことはほぼ不可能といえるので、見方を学んでおいてください。
FXならレバレッジをかけられることもあり、自らの予想とは逆に、動いたときには、やむを得ず損切りをすることがたくさんあることだと言えます。
一度に手元にある資金が底をついてしまうといったことも、多くあります。
とはいえ、FXのほうが株よりも効率的に儲けを出していくことができると考えられるかもしれません。
株式の取引には自動的に税金を差し引いていく特定口座が存在するのですが、FXトレードの場合は特定口座がまだないため、税務署に自分で税金を納める必要があります。
ただ、計算を間違えたり、つい忘れたりして脱税してしまう不注意が増えています。
株式と同じくらいの税率になったFXにも特定口座制度の設立が期待されているのです。
確固たる投資スタイルがあり、本業と同じくらいの利益を得られる自信があり、不安を感じなくてもいいほどの資産があればFX取引で生計を立ててもやっていけるでしょう。
ただし、仕事を辞めたら次の仕事を探すのは相当難しくなることだけは覚悟をもっておいてくださいね。